思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

ロボット開発者•吉藤オリィさんのおやじのせなか

( は、前の段落の文章に対する私の感想を入れました。全ての文章を読み終えてからでは、分かり難いと思ったからです。全部で6段落です )

 

 オリィさんは、小学5年の時に体調を崩したことをきっかけに3年半、不登校になった。そのひきこもっていた時期が、遠隔操作できる分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」開発の原点だそう。

 吉藤さんのお父様は、運動部の顧問や生徒指導を担当する熱血教師で、たまたま同じ中学に勤務となったそうだ。一緒に車で登校したり、保健室から教室へ行かせようとしたり、最初は試行錯誤していたそうだ。ご自身は、どうしていいか分からないストレスで体調が悪化し、部屋で天井を眺め続けながら、時計の音を聞くだけの状態になっていったそうだ。夜に徘徊を繰り返し、ある時は池のほとりに数十分ほどいたこともあるそうだ。その時、お父様はいつもついてきて離れて見守っていたと後から聞かされたそうだ。

 

 (お父様の気持ちを思うとどれだけ辛かっただろうと想像出来て、胸が詰まった。お疲れ様でした)

 

 当時ご自身は、迷惑をかけている罪悪感から、両親に敬語を使うようになったそうだ。今は気さくに話しますが、その時の癖なのか、やっぱり敬語だそう。 

 

 (オリィさんの気持ち分かるなあ。私もきっと敬語を使っていただろう。それだけ親としてして下さったことを身を持って持って感じているから、敬語になるのだと思う。当たり前のことだ)

 

 お父様は、キャンプの達人で、オリィさんを小さい頃からボーイスカウトに入れ、野外活動の様々な技術を教えてくれたそうだ。不登校だった時は、オリィさんを県外野外活動センターに何度か連れ出し、県外の10泊のキャンプにも1人で行かせてくれたそうだ。この時に、年上の人に、お父様から習ったロープワークを認められ、アケビのつるでかごを編んでほめられたことは、自信になったそうだ。

 

 (不登校の時も、オリィさんに学校とは違う居場所を与えられ、人の出来ないことを教えて自信をつけさせ、褒められて、それを分からせるなんて、なかなか出来ない。素晴らしいお父様だ。)

 

 オリィさんは高校で物作りに目覚めて学校に入り浸り、家族との接点が減ったそうだ。でも早稲田大学に進学後、お父様が野外活動センターに転勤となり、オリィさんもよく夜行バスで帰って案内役のバイトをすることになったそうだ。このことで、移動中の車で、お父様とたくさん話し、知識の広さや人を楽しませる力、人望の厚さを間近で見て尊敬の念がわいたそうだ。

 

 (神様は、オリィさんが高校時代に、家族との接点が減っていたことを分かった上で、その穴埋めをするように時間を与えられたことが分かり、心が熱くなった。尊敬の念を抱けるなんて、オリィさんも素晴らしいけれど、そんなお父様と出会えてお幸せだなあと思った。)

 

 大学では、今でも続けている研究テーマ「孤独の解消」を掲げて研究室にも入らず、分身ロボットの開発にあけくれて心配をかけたそうだ。お父様には「どっちを向いて進んでいるのか分からんが、卒業はしろよ」と言われたそうだ。オリィさんは起業して大学は中退。それでもコンテストで優勝し、活動の知名度も上がって喜んでくれたそうだ。

 

 (お父様のお気持ちを考えると、中退ではなく、年数は掛かっても卒業して欲しかったに違いない。ああ残念だ。でも、コンテストで優勝なんて出来ないこと。それは、素晴らしいと思った)

 

 お父様は、60歳を超えた今も元気で、子どもたちに教えているそうだ。座右の銘は「一生青春」。死ぬまでキャンプ場でガイドをし、感動を演出して、人を喜ばせていくでしょう、と文章を締めくくってあった。

 

 

 オリィさんのお父様は、能力的にも人格的にも立派な方。オリィさんには、あまりに大きくて、それがプレッシャーになったこともあっただろう。

 でも、いつも前に出て、オリィさんを引っ張ることなく、見守ってられた姿勢には、ひれ伏したい。なかなか出来ないから。

そして、オリィさんという繊細な感受性をお持ちお子さんの子育ては、大変だったと思う。でも、どんな時も、オリィさんの心に向き合って、突き離すことは絶対にしなかったことに敬意を表したい。なかなか出来ないから。

 今回は、子育ての大変と同時に、その向き合い方、対応の仕方を具体的に教えて頂いたことに感謝したい。

 オリィさんのお父様には、ほんと死ぬまでキャンプ場のガイドをして、来られる方を喜ばせてあげて欲しいと思う。実際に、お会いしたいなあとも思った。

 

 皆様は、どう思われましたか?

かなりの長文になってしまったこと、入れながら感じましたので(内容を飛ばすと歯抜け状態になるので出来ませんでした)お詫び致します。

 

 

IKKOさんインタビュー

 今朝の朝日新聞で、IKKOさんのインタビューが載っていた。全部で10のインタビューの内、8と10の質問の答えが気になったので、皆様にご紹介する。

 8は、時を巻き戻せるとしたら、何歳に戻りたい?

これに対して、こう返答されていた。

「一番つらくて悩んでいた19歳の頃に戻りたいですね。小学3年生の頃から人と違う自分に葛藤を抱えてきた私が、19歳から2年間、美容学校に通いながら個人経営の美容室に住み込みで働き始めた頃です。とにかく覚えることが多く過酷だった修業時代。同時に、初めて私が居場所を得られたときでもありました。その頃の自分に、我流ではなく、もっと人の話を聞きなさい、と言いたいです」

 10は、心豊かに生きるためのアドバイスを。

これに対して、こう返答されていた。

『60歳を前にして今、思うのは、「常に俯瞰して自分自身を見つめていきたい」ということです。日々、多くの人と接して感情の渦の中に生きながらも、自分を〝正常な位置″にリセットする意識が大切。1ミリでもズレることに鈍感になると、いつしか間違った方向へ行ってしまう。毎日、自分を丁寧に見つめてリセットする。この繰り返しを心がけていきたいですね』

 

 IKKOさんの返答、いかがでしたか?

思わずこちらまで背筋がシャキッとなるような気がしたのは、私だけだろうか?

私も、常に俯瞰して自分自身を見つめていきたいと思った。(笑)

 皆様は、どう思われましたか?

野口五郎さんと岩崎宏美さんのコンサート

 題字の野口五郎さんと岩崎宏美さんの2021年プレミアムコンサートが開催されることが新聞広告の内容で分かった。

 お2人共、お互いを拘りの有る難しい人だと想像されていたが、実際に対談するとそうでないことが分かったそうだ。

 お2人の共通点は、「レ•ミゼラブル」の日本初演に主役キャストとして出演されていたこと。筒美京平先生からのたくさんの名曲を歌われてきたこと。

このことから、コンサートに、かなりの期待が出来そう。

 コンサートでは、2人共の歴史を感じられ、劇中音楽も聴けるそうだ。

 お2人は、11月に、「好きだなんて言えなかった」というデュエットソングも発売されるそうで、ますます楽しみだ。

  コンサートは、11月23日(火・祝)愛知県芸術劇場大ホールを皮切りに、12月22日(木)オリックス劇場(大阪)、12月6日(月)オーチャードホール(東京)の3公演だ。

 

いいお父さんになった栗原心平さん(2)

 前回からに引き続き、栗原心平さんの子育てが載っていた。

 自分が父親である栗原玲児さんから受けた教育でちょっと納得のいかなかったことに対して、きちんと理解した上での考えを述べられていることに共感したので、ご紹介したい。

 『すごく欲しかったプラモデル(900円)を買ってもいいと言われ、1千円もらって自転車に乗ってすごい遠くのデパートまで行った。僕が欲しかったのは900円だったんですけど、別の新しいプラモデルがちょうど1千円で売っていた。で、そっちを買っちゃったんですよね。帰宅したら、父は「返してこい」と。お前と約束したのは900円のほうで、約束をお前は破ったと。で、本当に返しに行かされました。昔ながらの人で、子どもにも妥協する人ではなかったですね。 息子は一人っ子なので、妻と同時に怒ることは避けたいなと思ってます。たまに僕が注意していると、妻も追い打ちをかけるようなことがあるんですけど、「ちょっと黙ってて」と言います。 でも父ほど厳しくなれないかな。子どもが約束と違うものを買ってきても「今回はしょうがない」って言うと思います』

 思わずほのぼのと温かい気持ちになった。

皆様は、いかがですか?

 

新聞紙の良さを語る常盤貴子さん

 15日から始まる新聞週間2021を前に、「記事で探る世の中のいま」と題して、女優の常盤貴子さんの記事が載っていた。綺麗な女優さんなので、その内容に意外性を感じたので、ご紹介する。

『俳優として一番好きな作業が「役作り」です。そのリサーチに活字からの情報は欠かせません。たくさんの本を読み進めていくと、ある瞬間、点だった情報が線になっていく感覚になります。楽しいだけでなく、それが俳優としての自信にもつながっています。 活字は「答えがない」のも魅力です。文章の意味や背景を自分なりに埋めていくことができます。文中の一言から何を読み解くか。自分次第でいくらでも広げられる面白さがあります。想像力だけでどこまでもいけて、いつも頭の中をハチャメチャに楽しい状態にしてくれます。 タブレットなども普及していますが、新聞は紙で読みます』

 ここまで読んでいて、女優魂を感じ、拍手した。真摯にお仕事と向き合っているのがよく分かった。

新聞を読んでいるのも意外だった。

 次からの文章には、2009年に結婚された長塚圭史さん(劇作家•俳優•演出家)との何気ない日常が表れていた。

『夫婦の間では、お互いに良い記事を見つけたらテーブルに置いて相手が見られるようにしています。「これは読んだ方がいいよ」という感じで。夫がスクラップしています。私が取っておきたい記事も貼っておいてくれます』

 常盤貴子さんと長塚圭史さんご夫婦には、不倫疑惑報道がされたこともあり、心配していたが、これを読んでほっとした。

 新聞紙の良さについては、こう書かれている。『紙の新聞の良さの一つに、自分が求めていなかった情報が飛び込んでくる魅力があります。「読んで良かった」という気持ちになります。特にそれまで全く興味のなかった人物の話が面白い。東京にいるだけでは知り得ないことも多いので、地方に行った際には地元の情報がたくさん載った新聞を持って帰るようにしています』

 この内容には、同感だ。私自身も、新聞に載る会ったことも無い人の経歴や生き様を読み、心動かされて、このブログにアップしているから。

ただ、地方に行く機会はあまりないが、常盤貴子さんのアドバイスのように、出掛けた時は忘れずに、その土地の新聞を買ってみようと思う。なんだか、想像しただけで、ワクワクしてきた。楽しみだ。

 纏めは、このように書かれていた。『お芝居は自分の経験が基になります。経験が多くあればあるほどいいが、自分の人生だけでは賄い切れない。その部分を活字が補ってくれます。ドラマや映画ではストーリー上、「こんなことあり得ない」ということが起きる。でも、現実にはもっと面白いことが起きている。新聞や本は「それが人生だよ」って教えてくれるんです』

 新聞に対する常盤貴子さん自身の考えが素直に表現されていて、素敵な方だなと思った。そして最後の『「それが人生だよ」って』の、『って』にかわいらしさを感じた。

 

 後味の清々しいコラムを読んで、嬉しくなった。なかなかの秀悦な文章だった。

皆様は、どのように思われましたか?

天声人語に座布団5枚

 今朝の天声人語に、座布団5枚差し上げたい。

岸田文雄首相の話を端的に、纏めてくれていたからだ。 それでは、ご紹介する。

 『落語にはよく、けちん坊が登場する。梅干しは食べるとなくなるので、見るだけという人がいる。口の中にすっぱい感じがしてきたら、すかさずご飯をかきこむ。そうかと思えば鰻屋の隣に引っ越したのをこれ幸いとする人もいる。 焼き上がる鰻の匂いをおかずにすれば、倹約ができるというわけだ。笑いを誘うのは、味の想像だけ、匂いだけでご飯を食べるなど普通はありえないからだ。しかし岸田文雄首相の話を聞いていると、匂いだけの食事を強要されている気がする。 「新しい資本主義」という大風呂敷は、果たしてその名にふさわしい中身があるのかどうか。所信表明演説や代表質問への答弁では「成長と分配の好循環」「中間層の拡大」など抽象的な言葉ばかりが踊っている。 かろうじて具体性があるのが、看護や介護、保育の現場で働く人の収入を増やすという話か。しかし増収の幅はどれくらいか、財源が何なのかは分からない。岸田氏が総裁選で訴えた「令和版所得倍増計画」に至っては、いつの間にか消えてしまった。 経済官僚の一人が解説して言うには、所得倍増は一種の「キャッチフレーズ」だったそうだ。一定数の議員や党員をキャッチすれは捨てられてしまう運命だったか。その他の言葉も香りかいいほど、心配になってくる。 落語では、匂いをおかずにしている人の家に鰻屋が訪ねてくる。鰻の「嗅ぎ賃」をいただきたいと言うのだ。さあこれで我が党に投票をという政治家たちに、どこか似ていないか』

 皆様は、どう思われましたか?

いいお父さんになった栗原心平さん

 今朝のコラム「キミとどたばた」に、料理家の栗原心平さんが載っていた。

心平さんのお父さんは、元キャスターの故•玲児さん。お母さんは、はるみさん。お姉さんは、友さん。

 晩御飯の準備など料理系は、「先に帰宅した方が作る」というルールだったのが、奥さんに「あなたがやったほうが早いから」と言われ、ご自身でされるようになったそう。

 息子さんの廉平君(9)は今4年生。入っているサッカークラブは2軍まであって、1軍と2軍を行き来しているくらいの実力だそう。まだ大したことないけれども、通っている小学校だと一目置かれるので、「僕ってすごい」と思ってしまう。そこで、心平さんは、努力は認めつつも、廉平君には「上には上がいるよ」という話はよくしているそうだ。

これは、心平さんご自身が、学生時代にドラムをしていて、その道に進もうかと思った時に、お父様の玲児さんから、こう言われたそうだ。「浅はかな経験で物事を測るな」。そして、注意されたそう。

 心平さんは、廉平君を育てながら、自分の父親に言われたことを思い出している。

これが人の人生かな。

ますます料理家としてご活躍され、いいお父さんに更になられることを願っている。

 皆様は、どう思われますか?