読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

2019年元旦から新年号

いよいよ、2019年元旦から新年号になる。
1月11日の新聞朝刊に、そのことが掲載された。
アメリカでは、オバマ大統領が代わるとあった。
昭和、平成と生きてきて早や30年。
小渕恵三官房長官が、平成と発表した日を未だに覚えている。
そして、今度は何という元号になるのか?
いえ、どんな時代になるのか?
心に降り立った空白をどう埋めて、これから生きていくか。
大きな課題を投げられた。

皆様は、どう受け止められますか?

麻央さん、生き抜いて

テレビ画面をこんなにも必死にかぶりついたことは、今迄なかった。
そして、麻央さんを通して、歌舞伎界の奥深さを知った。
ブログの堀越勘玄君が見ながら寝ている姿に、引き継いでいくことを暗黙の了解で分かる。
麻央さんの闘いは、海老蔵さんの闘いでもあったのだ。
知らなかったことを共有し、どうすることも出来ない試練に胸が詰まる。
歌舞伎という世界に飛び込んだが為に、現在があるのか。
ただ、ただ、麻央さんの心を身体を太いパイプで繋ぎたい。
奇跡を、時間を、祈るのみ。
そして、この番組を見せて下さった方々へ、感謝である。

麻央さんへの酵素風呂の効果

たった今、海老蔵&麻央ブログでの酵素風呂の話題に目が止まった。
どうだったのか?
それだけが、心を占める。

麻央さんの「痛みがやわらいだみたい」
の言葉に良かったと祈る気持ちになる。

ずっとずっと痛みを持ち続けている彼女。
どうぞ、続けていくことで、痛みの元から取り除いていけたらと願う。

お姉さんのまやさんもご主人の海老蔵さんも、麻央さんの言葉で泣いたという。

どうぞ、神様、仏様にお願いしたい。
酵素風呂の効果が、続いていきますように。

合掌。

天声人語にみるSMAPと生きた時代

あの天声人語が、最初から最後までSMAPで埋め尽くした。
とても珍しい出来事。
それも、これを読めば、SMAPと共に生きてきた現代の行きにくい世の中が一発で分かる。
胸が詰まるが確かにそうだった自殺者が3万人を越えた1998年。
「夜空の向こうには明日が待っている」とSMAPの歌に希望を託した。
そして、元気を貰った。
誰もがひとり、口ずさんだに違いない。
あの永遠の名曲「世界に一つだけの花」は、リストラで職を失い、先が見えなくなった世の中に、寂しくなった心に寄り添ってくれた。

天声人語記者の独り言の呟きが、木霊してくる。
「解散の決定までには、所属するジャニーズ事務所の不透明さや芸能界で働くことの不自由さが垣間見えた。最後の番組放映でも解散のについての言葉はなかった。語りたくなかったのか、語れなかったのか」

最後の最後に、紅白でSMAPメドレーで聞き納めをしたかった。

年の瀬にしとしと降る雨

連日晴れていたところを
かなり前に天気予報で予告した雨。
一日中どんより雲を従えて、しとしと降っては小休止。
そして、夕方に本降りとなる。
その音が心に何かを刻んでいく。
SMAPが終わりを告げた淋しさ?
1年の終わりが近付く物悲しさ?
やり残しを焦る時間の早さ?
それは何処の誰しも同じこと。

さあ この雨が止む前に、
気を引き閉めてまいりましょう。

自分という箱は、失わなかった話

朝から目に入ってきた折々のことばは、
心の深底まで、染み込んだ。
書き手の三輪明宏は、人生においてのかけがえのないものを根こそぎ奪われた人である。
だから、こんな直球の言葉を投げてきた。
「空の箱には、たくさんのものが入るように、不幸な家庭に育った人は、幸せをたくさん詰め込みます」
絶対にそうであってほしい。
辛い経験は、空の上では、金銭的にも精神的にも豊かであってほしい。
そうでなきゃ、あらゆる帳尻が合わないからね。
合掌。

海老蔵の酵素風呂に男前を感ずる

いつものように、海老蔵ブログを見る。
思わず「えー、本当なの」と絶句し
次の言葉で涙溢れてくる。
「まずは、マオとマヤちゃんにはいってもらおう」

海老蔵、男前だな。
早くその言葉通りになりますように。
合掌。