思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

五木ひろしさんの かあさんのせなか

「かあさんのせなか」のタイトル通りの内容にぐっときた。

 五木ひろしさんのお母様は、大正生まれ。

とにかくよく働かれ、五木さんよりも遅く寝て早く起きる毎日で、起きたらもう出かけられていたそうだ。

 五木さんが歌手になったのは、おふくろを楽にさせたい、一日ゆっくり寝かせてあげたい思いだけだったそうだ。

 お母様との思い出の一つ一つが胸を打つ。

 ある年の大晦日に、五木さんはアパート代が払えなくて、夜逃げ同然で東京から福井へ帰ったことがあり、その時、お母様は親戚中に頭を下げてお金を集めてくれたそうだ。50年以上前のお金で10万円。

そのお金を腹巻きにくるみ、腹にまいて東京へ行けと言われた。「このお金をなくしたら命はないから」と。その時の言葉と必死な思いを忘れないそうだ。

 五木さんは、71年に五木ひろしとしてヒット曲を出したあと、お母様と一緒に暮らすようになる。でも、何よりもおふくろのために家を建てたかった。そして30歳で実現し、数年後には福井の実家も新築した。それが、ぼくの恩返し、親孝行ですと書いた。

 死に目には舞台稽古の為に会えず、朝、亡くなったと聞いてすぐに実家に向かい、とんぼ返りをして、悲しみのどん底で迎えた初日に必死で舞台を務め、楽屋へ戻って号泣したそうだ。

 亡くなってから18年。いつもお母様の存在は五木さんのなかにあって、いまもずーっとつながっているんですよ、とのこと。

 今年の5月30日、福井で東京五輪聖火ランナーをされた翌日がお母様のご命日。「走ったあとで墓参りにおいで。待っているから」ということなのでしょう。おふくろが呼んだのですね。

 

 お母様の存在があったから、今の五木ひろしさんがあることがよく分かった。

 何の為に働くのかの意味も分からず、模索をすれども答えが見つからずの現代の若者に、そして、命を絶ってしまう人に聞かせてあげたい話であった。

 

 

 

 

 

目線を変えて見ること

 今朝のひとときを読んで、目線を変えることの大切さを感じた。

 ダウン症の6歳年下の弟を持つ書き手の彼女は、弟のことが、手のかかる小さなままの存在だった。

それが、ご自身の子供と目線を合わせて遊んでくれる弟さんを見て、ゆっくりでも優しく立派に成長しているのだなと感じられたそうだ。

彼自身も、めいやおいが自分をいつか超えてしまうことを感じたことから、日記をつけたり得意のピアノの特訓を始めたりと行動を開始したようだ。

 書き手は、自分の弟という目線を変えて見たことで、弟さんの成長を客観的に考えることが出来た。

 私達も、身近なことで、勝手に思い込んでしまっていることがないだろうか。

今朝のひとときは、そのことを気付かせて頂けた。

 

謎解き🔶松丸亮吾の母孝行

 昨夜の林修さんの「初耳学」に、メンタリストDaiGoさんを兄に持つ、謎解きブーム仕掛け人の松丸亮吾さんが出演されていた。 

 彼は、2012年にお母さんを58歳で亡くしている。

反抗期でお母さんを遠ざけ、乳がんで、最後の最後の今日が最後かもしれないっていう時まで会わなかったそうだ。

お母さんの死後の遺品整理をしていた時に、手記を見て「生んで育ててくれたのに、1回も感謝の言葉を言えなくて後悔した」と当時を振り返ったそうだ。

その時に、お母さんの夢として、「亮吾が大学生になることを見ること」が書かれていて、それを叶える為にがむしゃらに勉強を頑張り、3人の兄の助けもあって、東京大学工学部に合格を果たした。 

 反抗期は、人それぞれだが、基本、男子はお母さんのことが好きである。

大雨降って、栄養分が充分に行き渡り、綺麗なら大輪の花を咲かせたと言える。

それがたとえタイミングが間に合わなくても、それは仕方ない。それも許せるかな。

きっと今、亮吾さんの活躍の様子を、ニコニコと上からお母様は、応援されている。

 皆様も、そう思われませんか。

三浦友和さん◆飲み会では必ず幹事

 見出しに思わず読んでしまった。

えーあの三浦友和さんが、幹事をされるの?

皆さんも、そう思われませんか。

 現在出演中の「トップナイフ 天才外科医の条件」では、脳神経外科部長、今出川孝雄を演じている。

 今回の役柄では、天才医師たちのまとめ役。

この重なる部分が、「飲み会では必ず幹事」だそう。

「こういう仕事だと、みなさんのスケジュール合わせが大変。一人が都合が悪いと、なんとか空けてもらえないかお願いをする。『君ぐらいのベテランなら、なんとかできるでしょょ』と脅しもかけながら」

 あの、現在の奥さんの百恵ちゃん相手の若い頃のイケメン時代を知っているので、こう思う。

お仕事やご家庭での年月を経て、かっこいい俳優さんになられたなあって。 

 飲み会では必ず幹事と言われる三浦友和さんの言動から、人付き合いのちょっとしたコツを教えて頂いた気がした。

 

佐藤優さんの言葉

 佐藤さんは、元外務省主任分析官で、現在は作家。彼が、農林水産省の元事務次官の熊沢秀昭さんが自宅に引きこもっていた44歳の長男を刺殺した事件についてのコメントの中で、こんなことをポロリと語っていた。

「試験ではいつもいい成績を取っている人ほど、負けたときに立ち直れません。人生では、早いうちに負ける経験をすることも重要ですよね」

 その通りである。

それが早ければ早いほど、立ち直るのは早くなる。

しかし、現在的には、遅いのが常である。

そして、取り返しもつかない。

 私達は、輪廻転生を繰り返して、今尚、今世での課題に向き合って生きている。

佐藤さんの言葉の意味が染み渡った。

 皆さんは、負ける経験をされましたか?

その経験こそが、今世での課題達成の一つだと思うのは私だけでしょうか。

 

25歳もらった命 毎日を生きる

今朝の新聞には、阪神大震災25年と題しての記事が表と裏を綴っている。

その裏に目が釘付けとなった。

 栗原健太朗さんは、阪神・淡路大震災賀起きる3時間前に、神戸市須磨浦区の病院で生まれた。1890グラムの未熟児で、生まれてすぐ、保育器の中にいれられた。

 大学3年生の誕生日の「慰霊と復興のモニュメント」の会場に設けられたメッセージボードに、こう書いた。『僕は震災の日に生まれ、生きていることの有り難さを実感させられることの多い人生を送ってきました。今とても幸せです!これからも生きていることに感謝をもって生きていきたいと思います』

 とても清々しい気持ちになった。 

彼は今迄に「震災の日生まれか」と言われて、嫌だったり、負担に感じたことはなかった。人前で話をするのは好きだったから、自分の存在がきっかけで震災を思い出してもらったり、語り継いでもらったしてくれたらいい、と思ってきた。

 彼こそ、風化させていけない阪神大震災の語り手となるべく生まれた人。

栗原健太朗さん、貴方らしい人生を全うしてくださいね。

彼の爽やかない笑顔に、嬉しくなった25年目の今日だった。

堀ちえみさんのお話

 徹子の部屋で、堀ちえみさんの元気なお顔を拝見出来た。

舌がん後のリハビリの成果で、これほどまでにお話しが出来ることに感動して、ご本人と同じく、涙を貰った。

 彼女は、今迄に、舌がんを含めて、大病を6つ患っている。

順にご紹介する。

突発性重症急性膵炎、突発性大腿骨頭壊死症、リウマチ、神経障害性疼痛、舌がん、食道がん

 司会の黒柳徹子さんも言われていたが、彼女も「どうして私ばかり」と思ったに違いない。

そう、世の中には、病気一つしないで長生きして一生を全うする方もいる。

それなのに、彼女が、手術をしようと思ったのには理由がある。

彼女には、現在のご主人のお二人のお子さんを含めて、7人の子供がいる。

その中の、ご自分が出産された一番下のお嬢さん(17歳➡︎当時16歳)に言われた言葉が、響いたそう。

「私はまだ16歳なのに、お母さんとまだこれだけしか一緒にいないのに」

 この言葉から、それまで「もう手術も治療もやってきたし、もうしたくはない」と考えていた。

それが、「私を必要としている子供がいる。この子の為に生きよう」に変わったそう。

 皆様は、どう思われますか?

私は、堀ちえみさん自身のことを思えば、過酷だと感じた。

16歳の娘さんの気持ちを考えれば、その気持ちもよく分かった。

でも、私が彼女なら、お母さんに、敢えて、自分の為に生きて欲しい、その為にまた手術をさせる決心はさせないかな。

これは賛否両論なので、皆様の判断にお任せしたい。

 現在は、来年が歌手生活40周年となるので、歌えるように頑張りたいそうだ。

堀ちえみさんが、いつまでも、お元気でいてくださることを祈っている。