思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

医師としてあの病棟に戻る

がんとともに、を読んだ。

 

小児がんの経験を生かし、治療を受ける子どもと家族を支えたら一。

そんな気持ちで医師をめざした女性が、かつて患者として治療を受けた長崎大学病院の小児病棟で働いている」

   吸い込まれるように読んだ。

佐々口さんは、中学二年生だった13年前の冬、この病棟に入院。悪性リンパ腫の治療を受けた。高校受験を一年後に控え、将来への不安が膨らんだが、毎日病室に来て世話をしてくれる母親には、うまく伝えられなかったそうだ。

そんな時、同室の女の子の母親が、自分の母親に話している言葉に気持ちが軽くなった。

「娘が今をしっかり生きてくれればそれでいい。誰だって未来は分からないのだから、何十年も先を不安に思って泣くのをやめたの」

 

佐々口さんが、この母親の話を聞けたことが、今の彼女にしっかりと繋がったことを知った。

直接的な言葉よりも、客観的な言葉は、響く。

いわゆる経験談は、間接語りや文字で読めることが残る。

特に間接語りは、頭に残り易い。

それは彼女が証明してくれた。

 

人の一生は、僅かである。

だからこそ、こんな杞憂な経験を、どうぞ神様出来る限り沢山与えてください、と思う。

 

彼女は、約4カ月で退院し、体力が回復し、高校では登山部に入った。

3年生で進路を決める際に、あのお母さんの言葉と共に、当時の主治医に「君は貴重な経験をしているんだよ」と言われた記憶もよみがえったそうだ。

 

昨春、研修医を終えた佐々口さんは、長崎大病院で小児科医としての一歩を踏み出した。

かつての主治医と一緒に働けることが嬉しかったそうだ。

これは、神様からのにくいプレゼントだと思った。

それまで一生懸命に生きて、勉強したことへの頑張ったねのご褒美かな。

しかし、ここからが正念場だ。

彼女は、春からは県内の総合病院の小児科に移り、スキルを磨く。小児がんに関わっていけたらと考えているようだ。

「経験はみな違い、悩みも違うけれど、私のような人間もいることで、少しは不安な気持ちが変わるかもしれない。私が成長しないと」

 

この爽やかな感動を皆さまに、お伝えしたかったので、ご紹介した。

全国の大学受験生に贈るメッセージ

今朝の天声人語に、感銘を受けた。 

今日は、センター試験2日目。

全国の大学受験生の普段の実力発揮を祈るばかり。

 

本日の天声人語の主役は、50年前に、東京大学を目指していたが、安田講堂の機動隊突入で、前代未聞の入試中止で受験出来なかった大坂谷吉行さんだ。 

その後、地元の北海道大学に進学するが達成出来なかった思いを証明したいと東京大学院に進学し、博士号取得。室蘭工業大学の教授などを務めた後、自らが苦汁をなめた入試中止の歴史を知ってほしいと小説の形にして自費出版した。

その彼の言葉には、深みがあった。

お伝えして、全国の大学受験生に、エールを送る。

 

「時には想定外のこともある。でも悪いことばかりじゃないさ」

 

勿論メッセージが出るのは、68年、生きてこられたからだが、天声人語の書き手も、付け加えている。

「これまでの努力が試される緊張のとき。うまくいった人には祝福を。そうでなかった人も悲観するにはまだ早い。

そもそも人生は寄り道、回り道」

 

お粗末ながら、私からはこう伝えたい。

「大きく深呼吸して、遠くを眺めてごらん」と。

お疲れ様、吉田沙保里さん

吉田沙保里の引退記事を、朝刊で見た。

彼女の大事にした言葉に、心洗われた。

だから、寂しさよりも、清々しさが残った。

彼女の、涙以上に見られた笑顔が、好きだった。

 

それでは、彼女の大事にした言葉を染み染みと味わいたい。

「夢追い人」

夢は、叶える為に掲げ、叶えたら、更なる夢に向かって努力する。

常に止まらず、追い続けることが、彼女の考え。

ここから得たことの多さが、彼女の生きてきた人生を彩ってきた。

一区切りではあるが、全然湿っぽくないのは、明るさかな。

彼女のこんな所を見習って、皆様も、自分の夢に向かって、現世とサヨナラする時まで、追い続けてみませんか。

 

 

亥の子いちばんの年男

新年、おめでとうございます。

本年も、このブログを、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、新聞に目を通していて、じーんときた。 

それは、亥の子いちばんの年男というコーナーだ。

ここに載っていたのは、歌舞伎俳優の中村橋之助さん。中村芝翫さんと三田寛子さんの長男。襲名前は、国生という名前で人気子役として活躍した。

彼が寄せた文章の中の、この一文に、彼の母の思いがよく分かり、感激した。

それは、こちら。

「支えになったのは『襲名させてもらえるのは父や先人の力。感謝して、かといって恐縮しないで前へ進みなさい』という母の言葉だ。」

 

三田寛子と言えば、かつてのアイドル。

たどたどしいゆっくりといた喋り方に、おっとりした雰囲気を醸し出していたが、頼りなく思えていた。

幾度となくテレビ番組で、歌舞伎役者の女将としての顔は見てきたが、母としての姿を、ご長男である橋之助さんの文章を読んで、ハッキリと分かった。

 

「〜恐縮しないで前に進みなさい」には、息子の不安を取り除く押しの強さと息子さん側から見た心強さが感じ取られた。

彼女は、一人の女性である前に、いい母親になった。

それは、育てた息子が、教えてくれた。

「頑張りなさい」とは伝えられても、ここまで、息子の心を見透かしての言葉は、掛けれない。

三田寛子さんと同世代で、且つ、同じ母親としては、なんとも嬉しい、新年のひと時だった。

 

橋之助君の抱負に、こちらまで、ほっこりした。

「生涯の目標は兄弟3人が中心となり、歌舞伎座でひと月興行できるようになることだ。『そのためにも兄弟で競い、技を磨きたい」

待っていた大晦日到来

今朝の天声人語に、思わず、拍手してしまった。

 

晦日について、作家の津村記久子さんが書かれている。

「お正月はとても楽しい。けれども2日はもうただの休みだし、3日なんか明日から会社かと、げんなりする。しかし大晦日は違う。『待つ』ことの楽しさが凝縮されているのだ」

   正しくその通り。

五年くらい前からの賀状の書き出しはいつも、「大晦日に紅白を見ながら、皆様と過ごした懐かしい日々を思い出しています。」で始まっていた。

それくらいに紅白もワクワクするほど楽しみだったし、過ぎた一年を振り返るのも、染み染みと感慨深いものだった。

   更に天声人語を読んでいくと、唸りたくなる解説があった。

「人間には、二通りの時間の感じ方がある。一つは、未来に向かって直線に進んでいく時間。もう一つは、毎年毎年、循環する時間である。『直線』の感覚からすれば、新年は通過点にすぎない。しかし『循環』すると思うなら、年が明ければ自分も新しくなるような気がする。

   正しくこれも、その通りだ。

更に天声人語では、こう締めくくっている。

「さて新年を待ちながら、『来年あるかも』ということを一つか二つ、思い描いてみるのはどうだろう。『恋人が現れるかも』『孫ができるかも』『有名人にどこかで会うかも』

目標ではなく、待っているとやって来るかもしれない良いことを」 

    そこで私は思い描いた。

このブログを書き続けたら、アクセスが増えて、本を出してみませんか?の声が掛かるかも。

   まあ、年の瀬の笑い話として、読み流して下さいね。

 

最後になりましたが、本年も一年、拙い文章にお付き合い頂き、ありがとうございました。

また、楽しみながら、綴っていきますので、明日からの新年亥年も、目を通して下さいね。

それでは、「亥年、良い年になるかも」でエンド。

自分の人生を使い切ること

今年、ブログで何度も書かせて貰った樹木希林さんの言葉だ。

今朝の天声人語から、再再再度登場願う。

思わず、惹きつけられる魅力が、希林さんの文章にはある。

 

日ごろから心がけたのは、身の回りの始末である。毎朝、ひとしきり掃除をする。服はボロボロになるまで着る。「長くがんと付き合っていると、『いつかは死ぬ』じゃなくて、『いつでも死ぬ』という感覚なんです」

 

彼女の言葉には、がんを別ものと捉えなかった人の見方が分かる。

どんな裕福な、生きていく苦労すら経験していない人でも、平等に訪れる死。

そこから目を逸らさず、逃げず、真摯に向かいあって生きてきた毅然さに、敬意を払いたい。

 

最後に、皆様に、投げたい言葉がある。

 

明日、現世にさよならをしなければならないとしたら、何かやり残したことはありますか。

 

樹木希林さんの死生観にガッテン

今朝の新聞記事に、樹木希林さんの死生観が載っていて、一息に読んだ。

そして、この言葉が、頭にこびりついた。

「死ぬことは 誰かの心の中で生き続けること」

 

60歳で、希林さんは乳癌になる。

その時に、生と死が一体なものだと気づいた。

そして、この言葉を残す。

「病が不幸なんて。もったいない。がんは特に残り時間が読めるからありがたいわよ」

 

私達は、病気や事故に遭うと、どうして自分だけがこんな目に遭うのだろう。とそうでない人を妬み、羨む気持ちが起こる。

本などで、自己を見つめ直すとあっても、本当の真意は掴めない。

希林さんの言葉には、残り時間が読めるという大きなヒントがあり、勇気を貰う。

 

「死ぬことは 誰かの心の中で生き続けること」

 

そうありたい、と素直に思い、温かい気持ちになれた。

またしても、希林さん、教えて頂いてありがとう。