読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

おやじのせなか、から昭和の父像

 今朝、小島慶子の父の言動から、昭和の父像がくっきりと蘇った。

終身雇用で定年まで働き、自分の趣味もなく、生きていき、尽きた。

それは、かわいそうではなく、当時は当たり前の生き方だった。

   小島さんは、ご主人が突然会社を辞めて専業主夫になったことで、世の男性の自由でない生き方を痛切に感じるようになる。

家のローンを抱えて、子供を大学まで行かせる為に、毎日満員電車に揺られている。

しんどいなんて言おうものなら負け犬扱いされ、家では粗大ゴミなどと言われる。

そうだ。

昭和の父は、家族の為に戦った。

 

皆様のお父さんは、どんな方でしたか?

 

昭和の父の生き方は、平成の父像とは異質であり、ある意味、潔さと尊さを感じる。

どうか、長生きをして貰いたい。