読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

子供に立ち止まって考えさせる言葉掛け法

 本当に自分にとっての一大事は、じっくり向き合うこと、そこから逃げてはいけない。

と今は亡き蜷川幸雄先生は、娘さんにアドバイスされ、こう言われた。

「目の前の楽しさで気を紛らわせるよりも、こういうときにしか聞こえてこないメロディーとか辿り着かないこととかがあるのだから」

  娘さんは、この言葉で目が覚めたという。

大学受験に失敗して落ち込んでいる時、気晴らしに友達と遊びに行こうとしたようだ。

普通なら、そう言われても出掛けただろう。

が、流石にあの演劇家の父の子供である。

彼女は、立ち止まって考えた。

それがこの言葉で分かる。

その場だけ楽しんでやり過ごすのは絆創膏のようなもの。

そして、以後、凹んだ時は「これがあったからここに辿り着いたんだ」と思えるまで自分を掘るようになったと言う。

    改めて、親から子への心に響くアドバイスの重要性を思った。