読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

今、これからへの一旦休止

立ち寄ったカフェで、一瞬にして時が止まる。
川の流れは静かなさざ波のよう。
風もやんでいる。
鳩が与えられる餌を目当てに、曲芸を見せる。
一列に整列。
微塵にも動かない。
息を呑むような緊張感。
暫くして、餌がなくなると一羽ずつ退散する。
あまりにもひっそりしすぎて怖くなる。
カフェ内も、一服し終えたら、声さえ遠退く。
少し前の賑やかさは嘘のように。
さあ、再び飛び出そう。
元の都会の雑踏の中に。