読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

がっぱ先生に見た★金八&熱中先生

二階堂ふみ主演のドラマ、がっぱ先生を見た。
幼い頃に交通事故で母親を亡くして、後遺症を足に持った少年を、初担任なから大縄跳び参加まで持っていく がっぱ先生の奮闘を描いたドラマである。
心の琴線を濡らしたのは、運動会前日の先生と生徒の話し合いだ。
直ぐに結論が出なければそれでもいい、というがっぱ先生に、昔見た金八先生と熱中先生を見た。
子供は、子供の中で育つと言われる言葉の通りになった。
先生はあくまでも、先生でいいのだ。
何も、教え導かなくても、子供は周りの友達との関わりから学び、答を出せる。
清々しい涙を、がっぱ先生から貰い泣きした。
もう1つ、思わず頷いた場面があった。
それは運動会当日の大縄跳びで、主役の男の子が、跳ぶことに気持ちが引いてしまった時のことだ。
がっぱ先生は、自分の恥ずかしい音痴の短所を堂々と子供達の前で公開している。
これを見て聞いて、子供は、跳ぶ気持ちが起こる。
それは、恥ずかしいの気持ちを棄てることをがっぱ先生から、身をもって教えて貰ったからだ。
私達は大人になると、当たり前ながらに、恥は人前でさらさない。
得意なことは、仕事にしたり、偉そうに鼻高々で人前で見せびらかすのに。
このドラマを見て、時には、ギャグで見せるのも手かなと感じた。
特にお子さんをお持ちの方は、そうすることで、共感と勇気を与えられるのではないかな。

がっぱ先生、連続ドラマになれば絶対に視聴者の一人になるから、そうなって欲しい。
久々に、いいドラマを見た。
製作者、出演者の方々、有り難う。