読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

ひととき、で「覚醒」

ひとときを読んでいた。
「その通り」と覚醒された。
ぜひとも、ご紹介したい。

「その人はとても美しく、ショートカットの髪に白いスーツ姿だった。…中学校の昼下がりの教室は保護者会が始まろうとしていたが、警察に補導されたA君がそのクラスにいることに関し、迷惑だとか受験に悪影響だとか、私語がうるさかった。保護者が順々にあいさつをし、やがてその人が立った。『Aの母です。本当にご迷惑をおかけしています』みんなの目が一点に集中した。その人は深々とおじぎをした後、母ひとり子ひとりであること、自分が夜まで働いていること、先生と一緒に息子を迎えに行ったことが1度ではないこと、そして本当は母思いの優しい子であることを真剣に話し、また頭を下げて座った。白いスーツが勇気を際出たせ、息子を守る盾に思えた瞬間だった。同時に、陰口が聞こえなくなった瞬間でもあった。」

親が子を守る覚悟を持ち事実をさらけだすことが状況を変える。
それは、大いなる勇気と深い母性に違いない。
現代の平成の母親にお知りおき頂きたい。

爽やかな清涼感が残った。