思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

言葉はいつだって私の親友

天声人語に涙もらう。その理由は?
「クラスメートやメル友だけが友達ではない。『言葉を友人に持とう』と言ったのは寺山修司だった。『言葉の肩をたたくことはできないし、言葉と握手することもできない。だが、言葉にも言いようのない、旧友のなつかしさがあるものである』…即効薬のように力をくれる言葉がある。浸みた雨が泉となって湧くように、時間をかけて心に届く言葉もある。どこか人との出会いに似ている。」

昔から、言葉が大好きだった。
この天声人語と同じく、言葉によって支えられ励まされ強くなって、今日迄生きてこれた。
時に人に裏切られることはあっても、言葉はなかった。
だから、言葉こそ永久に親友。