読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

見えない労働によって支えられて

折々のことばに頷く。
「なんだか申し訳ないピカピカだね。」

これは、あるカメラマンが上層の窓ガラスを清掃中だったゴンドラの作業員を見上げつつ呟いたそうだ。
そのままで美しいものはない。
誰かの「見えない労働」によって整えられている。
久しぶりに京都御所を訪ねたら、広大な砂利道に草は一本も生えていなかった。帰りに寄った料理屋のお肉は美しく切りそろえられていた。

このカメラマンには「見えない労働」を褒め称えられるの心がある。
朝からすがすがしい話を知ることが出来て、幸せだ。