読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

思い立って飛び乗った

20年来の友人に、どうしても11月中に会いたくなる。
葉書で時間だけを教えて貰った。
いつ行くとも伝えずに。
勤め先の百貨店地下に、足を運ぶ。
居た、居た。
思い出せば、この前会ったのは10年位前。
お互いに若かった。
私は、一目で「そうかな?」と分かったが…。
「分からんかった。」と返された私は、変わりすぎていた!?
とは言え、話すとあの頃に一瞬で戻れる。
時はある意味残酷だが、思い出はそれを越えてくれる。
お互いの今を何となく知って、「今の状態をキープして、頑張ろう!」と励ましあって、再会の約束。
今、生きてることに感謝。