読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

車窓から、流れていく景色眺めて

車窓からは、景色が一瞬にして変わる。
まるで、私の今までの生きてきた時があっという間だったというように。
でも実際は、過ぎるのが重苦しく遅かった。
車窓がどんなに早く変わっても、そんなに未来は変化に富んだものでもない。
実際は、ゆっくり、でも確実に過ぎていくだろう。
シナリオはないけれど、ドラマチックに生きていこう。
一日一日を彩り絡めながら。