読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

男の子の育て方

昨日の映画開門までに、あるお母さんと会話した。
それは「いつになれば、この扉が開くのてすか?」から始まった。
お連れのお子さんは、体格の良い小6位の男子。
実は、小4。
「お母さんと一緒に歩いてくれる今が、一番可愛い時ですよ。」
から
「彼にとって一番最初に出会う女性が、お母さん。これから、反抗期になったりして離れても、戻ってくる所は、お母さんのところだからね。」
しみじみと、我が子育てを振り返りながら語っていた私がいた。
私が息子に望むことは、人に迷惑を掛けないことだけ。
それは、暴力とかだけでなく、人の心に傷をつけないで欲しいの意味。
案外、ないがしろにされにされること。
人は、心と心で繋がっていくものだから。