読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

待ってました、サボテンの花

おとどしから、奇跡の花を見せて貰っている。
それは、純白のサボテンの花
それまで無恥だが、サボテンが花を咲かせるなんて考えた事もなかった。
そのサボテンが、温暖化で二度も花を咲かせた。
「息を呑む純白の花」と名付けた。
透き通る位に真っ白でくすみがない。
見つめていたら、突然に体が震え、涙が溢れた。
なぜって、それはね。
妬みや僻みの感情を持ってしまった自分のくすんだ心に気付いたから。
堪らなく、恥ずかしくなった。
そのサボテンの花が3年連続で花を咲かせた。
咲いても1日しかその姿は、お目にかかれない。
夕方は少しずつ開き始め、8割までの状態。
明日早起きして、「おはよう」の声掛けしてこよう。