読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いの丈☆宅配便

書いて読んで繋がりませんか!

気が付けば梅雨

いつから梅雨入りなの?と思ってたら、知らない間になっていた。
行く先々の紫陽花は見頃を迎えた。
紫陽花が美しいと自分の口から溢れるのは、雨の雫を花弁と葉っぱに載せている姿。
まさに絵になる花の1つだ。
今年は紫陽花の名所には足を運ばないかもしれない。
でも、誰が植えたか何処かしこにも咲いている。
彼女達には、雨が小降りになった時に足を止めて見るだけの存在感がある。
梅雨の花と銘打って今年も楽しませて貰おう。